にじいろのへびのモノがたり

日々出会う小さな愛しきモノたちについて綴っています

<<秋の神楽祭  | ホーム | おはらい町&おかげ横丁>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂肉元祖「和田金」寿き焼 

2010.09.25

和田金寿き焼

伊勢志摩旅行・10

4日目最後の夜は、父の提案で松坂へ。松坂牛を食べに行った。
わざわざ特急列車に乗って、駅から歩いて10分強。向かったのは松坂肉元祖「和田金」。
連休合間の平日だったため、突然の予約もすんなり取れたのだ。

和田金寿き焼

「和田金」は旅館のような、大きな立派な建物であった。さすが老舗。
エレベーターで階上に上がり、十畳の和室へ案内された。ゆったり落ち着く感じ。
お一人様でも、全てのお客さんが個室に通されるとのこと。
そして、仲居さんがつきっきりで、お肉の面倒を見てくれる。そういうシステムのお店。
まずは、牛のミニたたきを一人前だけ注文して、ビールで乾杯。

和田金寿き焼

続きは超長くなるので、以下折りたたみ。↓

和田金寿き焼

注文したのは、寿き焼3人前。
他にも網焼きやら塩焼きやらのメニューがあって、半分ずつの調理などもしてくれるらしいが、
ここは一番人気のやつをたっぷり堪能しようと、全て寿き焼でお願いした。

和田金寿き焼

寿き焼の仕度が始まってワクワク。野菜もたっぷり用意。

和田金寿き焼

そしてど~んとお肉!松坂牛!1人当たり2枚のお肉。聞けば1人前130gとのこと。結構な量だ。

和田金寿き焼

熾した炭火もぱちぱちと赤い火が燃えてきた。
和室でほっこり炭火なんて、冬はさぞかし風情があるだろうな、と思った。

和田金寿き焼

鍋に火をかけて、ラードをさっと塗って、熱くならないうちに肉を敷いて。

和田金寿き焼

砂糖をまぶして。

和田金寿き焼

たまり醤油をぐるりと掛けまわして。焦げ付かせないよう、少し昆布出汁を足して。

和田金寿き焼

第一弾の寿き焼の出来上がり!食欲をそそる濃い色。

和田金寿き焼

第二弾は野菜を投入。人参と椎茸。それからお豆腐も。

和田金寿き焼

も一度お肉を焼いて、一段落着いてから最後の野菜。青葱と玉葱を加えて。

和田金寿き焼

溶いた卵を絡ませて頂いた寿き焼。お肉も柔らかく、さすがに美味しかった。
見た目ほど濃い味ではなかった。程好い甘辛加減。
個人的には…ちょっと甘過ぎたかな。すぐ満腹になってしまう感じ。
家庭の味との差だと思う。私は料理の際に砂糖を殆ど使わず、普段は味醂派なので、特に。

それから。こういう関西風のすき焼きは、手早くぱぱっと出来上がってしまう。
いつも通り、マイペースでゆっくり頂かせてもらったが。
呑みながらのんびり頂きたい時は、割下で煮込む関東風のすき焼きの方が具合が良いのだな、と思った。

仲居さんのお話。
牛は但馬牛を連れてきて、松阪の和田金牧場で育てているとのこと。現在二千頭くらい。
放牧せず、牛舎に入れてビールを飲ませて育てるので、筋肉が付かず、柔らかなお肉になるそうだ。
和田金は今年で133周年、明治初期の創業とのこと。
文明開化の頃、4つ足を食べ始めた当初から、このすき焼を売り出していて、
江戸東京からの伊勢参りの街道沿いにお店があったので、それで有名になったとのこと。
まさに日本の牛肉文化の元祖だ。すごいなあ~と感心した。
この松阪の1軒だけで、他に店舗は無いとのこと。おお、尚のこと松阪まで来た甲斐あり。

和田金寿き焼

最後の香の物と牛そぼろ。白いご飯も付いた。

口コミで、仲居さんの態度に関する文句などを事前に読み、少し心配もしていたのだが、
平日の夜でさほど混雑もなく余裕があったのだろう、愛想良く雰囲気良く、お料理を頂くことができた。
帰り際は二人連れで玄関先まで見送って頂いて、ちゃんとした良いお店だなと思った。

思い返してみれば、専門のお店ですき焼きを頂いたのは、初めてだったかもしれない。
ご当地松坂にて、良い記念になった。
心地良い月夜の下、のんびり駅まで歩いて再び電車に乗って、大満足でホテルに帰った。良い夜だった。

和田金寿き焼

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 遊び心へ

テーマ : ご当地グルメ - ジャンル : グルメ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snakeintherainbow.blog77.fc2.com/tb.php/934-d1409ffe

 | HOME | 

プロフィール

にじいろのへび

Author:にじいろのへび
東京在住。絵本屋勤務。
3月生まれ魚座B型。
ここは知人に内緒のブログ。日々出会う小さな愛しきモノたちについて語っています。コメント・リンク・TBetcお気軽に。

お知らせ
2011年2月14日女の子出産。上がったり下がったり試行錯誤の日々徒然を「育児日記」にて記録中。
最近の記事
カテゴリー
from10Nov.2006


Ranking 

ランキング参加中です。
宜しければどうぞ
一押しお願い致します。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
NHK時計

原色大辞典
TORYSトリスハイボール
KIDS BOSSA
EnjoyShopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。