にじいろのへびのモノがたり

日々出会う小さな愛しきモノたちについて綴っています

<<東京へ/宮古島回想録5  | ホーム | 人魚気分/宮古島回想録3>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たっぷりの海と空/宮古島回想録4 

2006.10.05

9月27日(水)

青空快晴の朝。Nはまたも「ポーク@@たまご弁当」を食べている。支度をして出発。
他のリゾートホテルやドイツ村を見ながら島を東に向かう。
道路はがらがらに空いていて、他の車をほぼ見かけない。
たまに地元の方の車の後ろに附くと、途端にスピードが落ちる。時速30km程度。
のんびりしてるんだなあ。焦る必要がないんだなあ。
両脇の背の高い草は倒れていたり枯れていたり。台風の影響か。

30分ほどで吉野海岸へ到着。
お兄ちゃんに「海岸は近くですか?」と聞くと「すごそこです」と後ろを指して言う。
500円払って駐車して、荷物を持ってさあ海岸へ、と思ったら、シャトルバスで送迎すると言う。
近くないじゃん!面倒臭い~。
売店のおばちゃんにも、レンタル器具をやたら勧められる。珍しくしつこい感じ。
無愛想なお兄ちゃんの運転するバスに乗り込み海岸へ。
坂を下ると広がる青い海とパラソルの数々。
早速シュノーケルを始める。いるいる珊瑚の上を泳ぐ沢山の魚たち。
黒白黄青、大きいの小さいの、長いの、縞々。ウニも海鼠も海蛇みたいなのももいたよ!
よく日焼けしたおっちゃんから500円のフィンを借りて更に泳ぐ。
う~ん、フィンを使わず、裸足で平泳ぎの方が楽かも。その方が素で人魚気分を楽しめるみたい。
珊瑚がちょっと危険だけどね。
お腹が空いてきた辺りでひとやすみしようと思ったが、食べるものがあまり売っていない。
隣の海岸へ移動することにする。
確かに噂どおり沢山の魚がいて、シュノーケリングはとても楽しめたが、
パラソル群の景観の悪さと、商売気むんむんのところがあまり好きになれなかったな。吉野海岸。
20061005185905.jpg


車で北へ5分ほどの新城海岸へ。
まずは様子見。「こんにちは~」と声を掛けてくれるお兄ちゃんあり。
赤銅色の肌をしたおっちゃんが「写真撮ってあげるよ~」と誘ってくれる。
そう言えばNと一緒に撮った写真はまだなかった。有難くお願いする。
地元ならではの、写真ベストスポットに私らを立たせ、何枚も撮ってくれた。いい人だ!
海岸ののんびりした雰囲気も気に入り、ここで遊ぶことにする。
開放された東屋のひとつに席を勧められる。木のテーブルとベンチに、茣蓙の屋根。
開放的ですごくいい感じ♪
赤銅肌のおっちゃんはケータリングカー「パーラーみよし屋」さんのご主人で、
この海岸のあれこれを色々と教えてくれる。
でも全然商売気を感じさせず、引き際もいい。さすが商売人、慣れている。
「ここで沢山楽しんでね」と言ったサービス感で溢れていて、好感度大。
テーブルの真中にぶら下げられた水の入ったビニール袋が気になり尋ねてみる。
「光の反射を利用?何?鳥避け?」
答えは蝿避けでした。なるほど~。見た目もきらきらキレイだし、知恵だなあ。
さてとりあえずお腹に何か入れようと、Nはみよし屋さんの宮古そばとサザエの壷焼き。
私は隣のケータリングカーで氷あずき黒糖を。美味。サザエの壷焼きは200円だったよ。
向こうからは三線の音が聞こえてきて、「ビーチバレーやんない?」なんて誘ってくれるおっちゃんもいて、ここはのんびり、本当にいい雰囲気。
20061005191002.jpg
シュノーケリング再開。水は冷たくない。
引き潮の時間で、海の中には浅く広く水草が生えていた。
光が差し込んで、きらきら水中の草原が広がっているようで、とても美しかった。魚もちらほら。
おっちゃんの教えてくれたベストスポットに行くと、魚たち沢山!
魚の種類は吉野海岸とほぼ同じ。珊瑚に群がる青い稚魚のグループも見たり。
何と言っても感動だったのは、浅瀬で出会ったピンク色の烏賊。
「あれ、なんか目が合うな」と思ったら、体長10cmほどの小さな烏賊だったのだ。
手を伸ばしたら、すい~と逃げていったけれど、可愛さナンバーワンはこの子だった。

水から上がり、そのまま浜辺で二人で昼寝。
「焼けちゃう痛くなる…」と思いながらも、あまりの気持ちよさに負けてくーすか眠る。
目が覚めて一服しようと東屋のへ戻ると、おっちゃんが「これ食べてごらん」と差し出してくれる。
お刺身だ!銛で突きたて取れたての魚と、一日置いて旨みのでた魚の2種類。
お醤油で頂くと、これまた美味~い。ぷりぷりでぴちぴち。
目の前で取れたばかりの魚なんて、そう滅多に食べれるもんじゃない~。口福。
隣の東屋にはおじさんおばさんの4人連れが。皆装備万端でシュノーケリングを楽しんでいる。
「魚すごい」「湘南じゃこうは行かないからなあ」
「○○さんの泳ぎは滑らかだね」「トライアスリートだから~」なんて会話。
夏大好きだった筈なのに、今年はなんだか暑さが辛い、
ビキニも着づらいし、そろそろ海遊びは卒業かしら…
なんて考えていたところだったから、彼らを見ていて励まされたような気になった。
やり方を変えれば、年を取ってもまだまだ海遊びは出来るな!彼らもお刺身を頂いていた。

夕方になり、そろそろ引き上げか…と思ったが、やっぱり勿体無い。
も一度海に潜る。浅いから、まだ冷たくない。大丈夫。
すい~すい~と充分堪能するまで海の世界を楽しんだ。これで今年の海は最後。
体を乾かしながら、お土産に白い珊瑚を沢山拾った。ついつい欲張ってしまうのだ。きりがない。
東屋に戻ると、またまたおっちゃんが。
「これも食ってみな」と先ほど洗っていた貝を茹でたものを差し出してくれる。甘くて美味。
20061005205701.jpg
帰り支度をしていると、今度は帰り道含め島内のベストスポットを色々と教えてくれる。
彼は夜はツアーガイドをしているらしい。
ヤシガニのツアーに誘われたが、残念ながら今夜は早めに眠らねばならない。
でもきっと楽しいに違いない。また宮古島に来てトライしよう。
おっちゃんにお礼を言い、新城海岸を後にする。
おっちゃんのお陰で本当に楽しめたよ!心から、ありがとう!!!
あ、おばちゃんも人懐こい感じのいい人でした。素敵なよいご夫婦。新城海岸最高に楽しかった!!!
20061005190720.jpg

帰り道はおっちゃんに勧められた東平安名崎へ行ってみる。浜の東の先端にある白い灯台。
中には入れなかったが、ちょうど陽の沈み行く時間だった。
ふらふらと散歩していると、建物の中から三線の音。
窓際に腰掛けて、海を見ながら奏でているのだ。いい生活だな。
この島のあちこちで、三線の音が聞こえる。
ぶらぶらしているうちに陽も赤く染まり、慌てて丘の上に上る。
若いカップル、中年カップル、一人の男の子と共に、太陽が海に沈んでいくのを見た。
若手カップルが大声ではしゃいでいたので、感傷的というわけにはいかなかったが、
それでもいいものだった。いい時間に来れてよかった。
アスレチック遊具でも遊んでしまった。
ついでにおっちゃん情報の岬の北側に行ってみる。岩と荒波の景観が見れるという。
閉まった門を乗り越え道を進むと…ゴルフ場。間違えた。
改めて草を掻き分けつつ小道を行くと、見晴らしの良い場所に辿りつく。
仏様の描かれた石碑、戦争記念碑があった。先は絶壁。ちょっと怖いよ!
「ありがとう、お邪魔しました~」と言って帰る。
20061005192608.jpg

島の真ん中を横切る道を走り、JAなんかに寄ったりしながら、買出し。
そして、まだまだ遊びは続くのだ。来間島の長崎浜へ。
「夜に岩を投げ込むと、海ほたるが光るよ」っておっちゃんが教えてくれたのだ。
来間大橋は車を大胆に停めて、釣りをする人たちでいっぱい。
地元の人たちだろう。いいなあこんな生活。
夜の島内は真っ暗で、ちょっとどきどきしながら道路を進んだ。
勿論外灯なんてない。車のライトだけがたより。
辿りついた長崎浜は小さな浜辺。ざざんざざんと波が寄せている
手探りで浜に降り、小さな石を海に放り投げてみる。が、反応はない。
何度か試してみるが、やはり結果は同じ。そう都合よくは見えないのだ。
目が悪いから私たちには見えていなかっただけかもしれないが。
一服しながら、真っ暗な夜の雰囲気を楽しんでいると、脇の茂みに黄緑色の光がふわ~と。
蛍だ!海ほたるを見に来て、蛍を見てしまった。何年ぶりだろう。
小さなその子が見えたのはほんの数秒だったけれど、嬉しかった。
第一発見者のNも初めはビビッていたが、私も見たことで安心したようだった。良かった共有できて。
空を見上げると、雲の切れ間から天の川が見えた。北斗七星も発見。
教えてもらった蠍座はわからなかったけれど。

一日たっぷり遊んで満足してホテルへ帰る。
スターダストクルージングは、今日も結局船が直らず中止。残念。
手短に荷造りを済ませ、お部屋で夕食。
ゴーヤーの炒め物やミーバイの刺身など。この日も海ぶどうを食べた。
遊んで酔っ払って、ぐっすり眠った。

テーマ : 沖縄離島の旅 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snakeintherainbow.blog77.fc2.com/tb.php/5-fff1af6c

 | HOME | 

プロフィール

にじいろのへび

Author:にじいろのへび
東京在住。絵本屋勤務。
3月生まれ魚座B型。
ここは知人に内緒のブログ。日々出会う小さな愛しきモノたちについて語っています。コメント・リンク・TBetcお気軽に。

お知らせ
2011年2月14日女の子出産。上がったり下がったり試行錯誤の日々徒然を「育児日記」にて記録中。
最近の記事
カテゴリー
from10Nov.2006


Ranking 

ランキング参加中です。
宜しければどうぞ
一押しお願い致します。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
NHK時計

原色大辞典
TORYSトリスハイボール
KIDS BOSSA
EnjoyShopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。