にじいろのへびのモノがたり

日々出会う小さな愛しきモノたちについて綴っています

<<島ショッピング  | ホーム | アダン>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最南端波照間島 

2008.10.03

石垣島・4日目

前夜飲みながら、「最南端波照間島へ行こう、やっぱり」と盛り上がり、決行。
波照間島への船は人気が高いのだが、
朝9時過ぎに港へ駆けつけたら、どうにかお昼の便のチケットを取ることができた。帰りの分も。
行きは12時石垣港発、帰りは16時45分波照間港発、という5時間弱のショートトリップ。
船の時間まで、土産物屋などを見てぶらぶらして待った。駐車場に車を停めるのが大変だった。

波照間島へ

お昼になって、ニューはてるま号で島へ向かった。
船室には入らず、船後方のベンチに腰掛けて、強い風を受けながら海をずっと見ていた。
髪はぼさぼさになったけれど、視界一面が海で、とても気持ちが良かった。青い海、白い波。
一時間後に波照間島へ到着。とうとうやって来れた!
港にはレンタサイクル・レンタバイクのお店屋さんが沢山待ち構えていて、
その中からみのる荘のお兄ちゃんに90ccのバイクを借りた。原チャだ。黄色いやつ。
ツレの運転する後ろの乗せてもらって、島を周ることにした。ごきげん二人乗り。

あやふふぁみ

「2時頃でお店全部閉まっちゃうんですよ~」と、みのる荘のお兄ちゃんのアドバイスを受けて、
まずはランチを食べに。近くの「あやふふぁみ」というお店に入ってみた。旧パナヌファ。
ここがまあ~素敵なところだった。
開放感があって、風通しが良くて、若い旅人が集まっていて、皆まったりしてて、アジアっぺえ!
以前行ったアジアの国々の食堂を色々と思い出した。インドタイベトナムバリetc。

あやふふぁみ

気持ちいい音楽が流れていて、奥には旅人のための本棚があって、
そのセレクションも懐かしい感じ。なんだか私の本棚と似てる。
青くて若い文化的な感じが、地元吉祥寺のハモニカ横丁を思い出させた。ちょっと似てる。
でももっと、ずっとずっと気持ちのよいところ。目障りな常連ぶり客もいないし。

てびち&オリオンビール

私はここでテビチとオリオンビールを頼んだ。
ビールはドライバーに遠慮して(小)。そしてここでも豚足。濃厚にとろりとろけて美味しかった。
ツレはスーチカ定食を頼んでいた。スーチカは三枚肉。
付いてたご飯が五穀米で、とても美味しかったそうな。定食のご飯とみそ汁はおかわり自由。
島での滞在時間は短いというのに、それを忘れて、ずいぶんまったりとしてしまった。
きもちのよい場所で食べるごはんは、本当においしいなあ!
きっとここで夜お酒を飲んだら、ものすごく気持ちがいいに違いない。
いつか島に泊まってみたい、夜を体験してみたいと思った。きっと真っ暗な夜で星がいっぱいだ。

日本最南端

軽く満腹ほろ酔いで、バイク乗って、島内散策。
簡単な地図をもらったものの、島の道はあまり舗装が整っていなくて、目印になるものも少なくて、
行ったり来たり、ずいぶんと道に迷ってしまった。農道に紛れ込んだり。
なんとかして、やっと日本最南端の碑に辿り着いた。
バイクで良かった、自転車だったら大変だった。行き着けなかったかもしれない。
とうとう来たぜ最南端!記念写真をたくさん撮った。
若者たちが日本各地の石を集めて作った小道なんかもあった。日本を模っているとか。
皆思うところ、色々ありの場所なのだろう。

日本の小道

私はこれで、南北東は制覇したぞ。残るは最西端だ。
…と思ったが、最西端は与那国島。石垣島から船で4時間とか。
手強い…なかなか行く機会は無さそうだ。とりあえず生きてるうちに。行けたらいいな。

ニシ浜

またも道に迷いながら、ニシ浜へ。淡い青の美しいビーチ。
時間に追い立てられて、ばばっと脱いで水着になって、シュノーケルを付けて、
ほんとに少しだけ、20分ばかり海で泳いだ。
白砂がきめ細かくサラサラだった。海が透明だった。
水の中に明るい緑の水草が生えていて、太陽の光がきらきら差し込んで、
海の中は草原みたいだった。ゆらゆら揺れる白い草原。本当にきれいだった。
ぽつぽつとお魚もいた。黄色い子。クマノミ。白い美しい魚もいた。白い浜に白い魚。

蝶々

水着のままパーカーだけをはおって、名残り惜しみながら、みのる荘にバイクを返しに行った。
港行きの車を待ちながら、道路にぺたり座り込んでいたら、
白い蝶々がふらふらと飛んできて、私の足にとまった。
道中サンダルが壊れて、ツレの格子柄のビーサンを借りていたから、色に惑わされたのだろう。
なんかちょっと幸せだった。白い蝶々。島では白にいっぱい会った。暑いところだもんな。

夕暮れ船旅

港では、旅人同士が見送ったり見送られたり、別れの挨拶をしていた。
波照間島のターミナルには畳敷きの座敷があって、いい感じだった。まったり感。
そしてとうとう帰る時間に。乗船して、さよなら波照間島。
桟橋に自転車を止めて、手を振っているおじぃがいた。
昼間島内で見かけた人だった。食堂で旅人とおしゃべりしていた。
一日中、きっとふらふらしているんだろうな。宿屋のおじぃかな。いいな。
船内では、日常船を使っているのであろう一人のおじぃの真似をして、
一番後ろの高い台の上にちょこんと腰掛けてみた。本当は座ったりなんかしてはいけない所だが。
風を受けながら、西に傾いていく夕日と軌跡に立つ白い波をずっと見ていた。
とてもとても気持ちが良かった。楽しい船旅であった。

やちむん館土産

石垣島に戻ってから、公設市場や土産物屋をぶらぶらと覗いて歩いた。
酒屋で泡盛と梅酒を、塩屋で長命草を混ぜ込んだ塩を買った。
やちむん館へも行って、赤いお皿・ポストカード・ジャタマンシの石鹸なんかも買った。
可愛い柄をみつけたので、健康草履も一足買い足した。
宿へ戻って、帰りの荷物の支度をして、ご飯。
そろそろ色々溜まってきて、ツレと最後にケンカもした。
ちょっと忙しいスケジュールではあったが、何より行けてよかった波照間島。大変満足。
静かで何も無い、良いところだった。いつかまた行くことができたらいいなと思う。今度はのんびりと。

 

テーマ : 沖縄旅行 - ジャンル : 旅行

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snakeintherainbow.blog77.fc2.com/tb.php/471-d48a5e7d

 | HOME | 

プロフィール

にじいろのへび

Author:にじいろのへび
東京在住。絵本屋勤務。
3月生まれ魚座B型。
ここは知人に内緒のブログ。日々出会う小さな愛しきモノたちについて語っています。コメント・リンク・TBetcお気軽に。

お知らせ
2011年2月14日女の子出産。上がったり下がったり試行錯誤の日々徒然を「育児日記」にて記録中。
最近の記事
カテゴリー
from10Nov.2006


Ranking 

ランキング参加中です。
宜しければどうぞ
一押しお願い致します。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
NHK時計

原色大辞典
TORYSトリスハイボール
KIDS BOSSA
EnjoyShopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。