にじいろのへびのモノがたり

日々出会う小さな愛しきモノたちについて綴っています

<<夜桜花見  | ホーム | 観梅>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8 1/2 

2008.03.26

フェリーニ 8

最近生活が乱れ気味。生活時間がぐちゃぐちゃ。ホルモン関係云々のせい。
昨夜は午前3時から、夜が明けるまで映画を見てしまった。
空が白んで鳥が鳴いていた。桜も咲いていた。明け方。

フェリーニの「8 1/2」を見た。追い詰められた映画監督のお話。
1年に一度くらい、つまり何度も繰り返し見ている作品。
もしかしたら、いちばん好きな映画かもしれない。多分きっとそう。

いちばん初めに見たのは大学生の時だった。
フェリーニ研究家の教授の授業で、一年を通してフェリーニの映画を沢山見せてもらったのだ。
「『8 1/2』は監督の転換期の作品である」云々のテーマでレポートも書いた。
授業を受けていなかったら、レポートを書かなかったら、
フェリーニの映画の良さは分からなかったと思う。少なくとも、当時の私には難解だった。
教授の手ほどきがあったおかげで、
象徴の面白さやニーノ・ロータの音楽の素晴らしさを知ることができた。

「8 1/2」は素晴らしい映画だ。今回も涙がこぼれた。ラストシーン素晴らしすぎる。
決して皆が泣くような映画ではない、お涙ちょうだいものではない。
けれど、私の心の琴線に触れるのだ。毎回見る度泣いてしまう。
でこぼこでちぐはぐで混乱した人生の中で、ある時一瞬ぱっと「分かる」時がくるのだ。
人生と愛を受け入れることができる瞬間。
そのことを映像で、あんな手法で、表現したフェリーニはすごい。すごすぎる。

そしてマルチェロ・マストロヤンニ、かっこよすぎ。なんてハンサム。
「グロリア」という女性のタイトスカート姿が素敵過ぎ。憧れた。
「8 1/2」は今年の5月にやっとDVDで発売されるらしい。絶対買おうと心に決めた。
この機会にフェリーニ作品を色々と見ようと思った。全作品のうちまだ半分くらいしか見ていないし。
まだ見ていない作品があるって幸せなことだ。ささやかな人生のお楽しみだ。

 8 1/2 愛蔵版

 

テーマ : ■お気に入りの映画■ - ジャンル : 映画

タグ : フェリーニ

コメント

 

8 2/1、、、うちのパパのベスト1です。
学生時代、京都の古い映画館で見て、大感動したのだそうです。
それを聞いた若かりし頃の私は、「また格好つけて、、、。」と思ったくらい、当時は理解できてませんでした。

さすが、、、。

今度、初歩のおすすめフェリーニ映画、教えてくださーい。

 

映画好きのlecoさんからコメントうれちい。
そしてあの素敵パパとベストワン映画が同じなんて…なんだか光栄です。

ジャームッシュもガイ・リッチーも好きな私ですが、
やっぱりナンバーワンはフェリーニです。
初歩のフェリーニと言えば、やっぱり「道」でしょうか。
でもあれは結構お涙ちょうだいで、「8 1/2」とは全く違うものだと思います。
あと彼の世界と言えば「甘い生活」とか「アマルコルド」とかでしょうか。
色々見ましたが、私は後期の作品が結構好きです。
意外なところで「魂のジュリエッタ」とか、オカルトがかってて面白いんですよね。
ジュリエッタ・マシーナだし。
いや、やっぱり「8 1/2」見てくださ~い。

lecoさんのベストワン映画は何ですか?
結構難しい質問ですよね笑。今度教えて下さいね!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snakeintherainbow.blog77.fc2.com/tb.php/364-fcc6b731

 | HOME | 

プロフィール

にじいろのへび

Author:にじいろのへび
東京在住。絵本屋勤務。
3月生まれ魚座B型。
ここは知人に内緒のブログ。日々出会う小さな愛しきモノたちについて語っています。コメント・リンク・TBetcお気軽に。

お知らせ
2011年2月14日女の子出産。上がったり下がったり試行錯誤の日々徒然を「育児日記」にて記録中。
最近の記事
カテゴリー
from10Nov.2006


Ranking 

ランキング参加中です。
宜しければどうぞ
一押しお願い致します。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
NHK時計

原色大辞典
TORYSトリスハイボール
KIDS BOSSA
EnjoyShopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。