にじいろのへびのモノがたり

日々出会う小さな愛しきモノたちについて綴っています

<<シュタイナー  | ホーム | 向田邦子>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊性 

2007.06.16

g6_ravi.jpg g6_kelly.jpg g6_roger.jpg

朝から嬉しいことがひとつ。先日の映画の話の続き。
今朝の朝日新聞に「地球交響曲ガイア・シンフォニー」が紹介されていた。
「映画『地球交響曲』に見る宗教性」、宗教研究者も関心を寄せている云々。

学生の頃宗教や民俗学を扱うゼミにいた私は、卒業論文で「霊性」について書いた。
科学と宗教の観点から。そのときにこの「地球交響曲」を参考に引用したのだ。もう10年も前の話。
一応「優」は頂いたものの、やわなへなちょこ論文で、
思い返しては「私も青かったな」とちょっと恥ずかしかった。
だって「霊性」なんて現実社会では全然有効じゃないし。

でも今朝の記事を読んで、10年前の私はそんなに間違ってなかったと思うことができた。
卒業論文で書いたことは、今の自分の中にもしっかりと居座ってしまっているものだから、
尚更に嬉しかった。

地球交響曲」は良い映画だと思う。
沢山の人が見て、それぞれがいろんなことを感じたり思ったりするといいなと思う。
上の画像は新作6番の出演者たち。
シタール奏者のラヴィ・シャンカール氏、ピアニストのケリー・ヨスト女史、海洋生物(クジラ)学者のロジャー・ペイン氏。皆とてもいい顔をしている。
地球交響曲のサイトはこちら→gaiasymphony.com

そう言えば先日新作6番を見に行った時、龍村仁監督が、
映画にも登場する「樹からシロップを取り出す小さな道具」を見せてくれた。
これはロジャー・ペイン氏のキーワードの一つとなったものなのだが、
それについて監督は
「何故か分からぬまま長く持っていた物が、あるとき意味を放つ。
長く持っていたことにはちゃんと意味があったのだ。」
といった話をしてくれて、それがすごく心に響いた。そのときちょっと泣いてしまった。
多分私自身、今無駄だと思うもの、でも何故か手離せないものを持っているからだろうな。
それは決して無駄ではなくて、ちゃんと意味があるんだと信じたいんだろうな。

あぁ、朝からなんだか神妙なことを書いてしまった。今日も早起き。

 

テーマ : 科学・医療・心理 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 地球交響曲 霊性

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snakeintherainbow.blog77.fc2.com/tb.php/184-7ea9834e

 | HOME | 

プロフィール

にじいろのへび

Author:にじいろのへび
東京在住。絵本屋勤務。
3月生まれ魚座B型。
ここは知人に内緒のブログ。日々出会う小さな愛しきモノたちについて語っています。コメント・リンク・TBetcお気軽に。

お知らせ
2011年2月14日女の子出産。上がったり下がったり試行錯誤の日々徒然を「育児日記」にて記録中。
最近の記事
カテゴリー
from10Nov.2006


Ranking 

ランキング参加中です。
宜しければどうぞ
一押しお願い致します。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
NHK時計

原色大辞典
TORYSトリスハイボール
KIDS BOSSA
EnjoyShopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。