にじいろのへびのモノがたり

日々出会う小さな愛しきモノたちについて綴っています

<<薔薇園  | ホーム | 水をいっぱい含んでる>>

スポンサーサイト 

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー・ダーガー 

2007.05.21

ヘンリー・J・ダーガーについて簡単に言うと
 孤独な掃除夫の老人(感情障害の病歴あり)が
 60年に渡って1万6千頁に及ぶ小説とそれに関する挿絵を描いた

彼の作品について簡単に言うと
 タイトルは「非現実の王国で(非現実の王国として知られる地における、ヴィヴィアン・ガールズの
 物語、子供奴隷の氾濫に起因するグランデコ・アンジェリニアン戦争の嵐の物語)」
 少女たちが敵国と戦う物語で、描写は時に残酷。
 衝撃的なことのひとつは、彼女たちにはペニスが描かれていたこと

こんな感じだろうか。

20070520230232.jpg
先月末の雨の日に原美術館に行った。
ヘンリー・ダーガー 少女たちの戦いの物語ー夢の楽園」展。
以前からずっと興味を持っていた彼の作品の原画が見れるというので、早速に行ってみたのだ。

すごくすごくすごく、面白かった。館内を何周も回ってしまった。
彼の脳内世界が単純にすごく面白かったのだ。
愛らしく色美しく残酷な絵に、ぞくぞくした。
彼が持っていた力に圧倒された。驚いた。凄いと思った。

彼の作品はグロテスクな描写があるので、誰にでもおすすめはできないが。
でも私はとにかく面白いと思った。素晴らしいとも思った。
彼の作品は、現実世界に対する彼の恐れと憧れの集積なんじゃないかな、と思った。
思ったり考えたりしたことが山程有りすぎて、ここには書ききれないや。
興味を持った人がいたら、是非足を運んで欲しい。7月の半ばまで開催している。
彼の過ごした部屋の写真があったのが、とても良かった。古いアパートの小さな部屋。

20070520234246.jpg
原美術館の図録を購入した。チラシも貰ってきた。チラシすら素敵だった。

ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で ヘンリー・ダーガー 非現実の王国で
ジョン・M. マグレガー (2000/05)
作品社
この商品の詳細を見る
この画集は彼が買ってくれた。
絵をじっくりと眺めて、少しだけ解説を読んだ。続きはこれからゆっくり読む。
図書館から予約資料の用意ができたと連絡もあった。
先月の美術手帖は彼の特集号だったのだ。明後日にでも取りに行こう。
美術手帖 2007年 05月号 [雑誌] 美術手帖 2007年 05月号 [雑誌]
(2007/04/17)
美術出版社
この商品の詳細を見る

必ずしも気持ちのいい世界ではないから、彼の作品に触れる時にはちょっと躊躇うが、
でも印象的な作品群だったから、この機会にしっかりのめり込んでおこうと思う。
また考えがまとまったら、彼について色々書くかもしれない。

 


テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ヘンリー・ダーガー

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://snakeintherainbow.blog77.fc2.com/tb.php/169-143501e6

 | HOME | 

プロフィール

にじいろのへび

Author:にじいろのへび
東京在住。絵本屋勤務。
3月生まれ魚座B型。
ここは知人に内緒のブログ。日々出会う小さな愛しきモノたちについて語っています。コメント・リンク・TBetcお気軽に。

お知らせ
2011年2月14日女の子出産。上がったり下がったり試行錯誤の日々徒然を「育児日記」にて記録中。
最近の記事
カテゴリー
from10Nov.2006


Ranking 

ランキング参加中です。
宜しければどうぞ
一押しお願い致します。

  ブログランキング・にほんブログ村へ
月別アーカイブ
最新コメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
NHK時計

原色大辞典
TORYSトリスハイボール
KIDS BOSSA
EnjoyShopping
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。